珠帆美汐の直感鍛え講座

豆乳玄米ぐるぐるヨーグルトはじめました。

 

へんてこ書房の書き物担当namecoです。

自分を出したいうずうずを心に秘めつつ、

いやでも早く本題に入らないと皆さん読んでくれない…!と葛藤する日々です。

バランスを見ながら、その日の気分によりながらやっていきたいな、と思ってますので

どうか皆さまお付き合いくださいませ。

 

さて、先日行われたイベント「珠帆美汐の直感鍛え講座」。

珠帆美汐(たまほみしお)さんは”スピリチュアルコーチ″の肩書きで活動されており、

コーチングや占いを通してその人の本質を輝かせるお手伝いをされています。

IMG_4933

「珠(たま)さま」の愛称で呼ばれる、とってもチャーミングな女性です。

どこまでも自然体で、弱みも隠そうとしない感じ。

場を人を重んじながらも、自分がこう!と思うことはぱしっと言っちゃう感じ。

個人的にすごーくずきゅんときちゃう珠さまは、

普段は北海道の山奥の村に住んでいます。

今回大阪でお会いできた皆さまはとってもラッキーでした!

IMG_4859

直感講座は瞑想から始まります。

珠さまの唱えるマントラを聞きながら深い呼吸を繰り返し、

「いま自分の体は何を感じているか?」全身をスキャンして見ていきます。

場の雰囲気が一気に変わり、ゆっくりと、静かなものに…。

 

直感を受けとるのに何よりも大事なのは、体の緊張を取ることなのだそう。

大切な準備運動なんですね。

 

その後、自己紹介と瞑想で感じたことを共有し合った後、いよいよワークへと入っていきます。

一つめのワークは「体の感覚を感じる」ことを知るための、導入のワークです。

すごく気に入っている物とどうでもいい物を自分の持ち物から選び、

胸の前にあててその感覚を感じます。

IMG_4863

気に入っているものは、「あったかい」「まるい」「子どもを抱いている感じ」だったのに比べて、

どうでもいいものは「からっぽで四角い」「ひやっとしてる」「ちーん…て感じ」という皆さんの体感。

 

大好きなものを周りに置くと、なんと体温を上げることにもつながり、

免疫も上がって体も健康になるのだそう。

心とからだは繋がっているのだと実感します。

 

続いて二つめのワークはその名も「透明なパイプワーク」。

2人1組になり、占う側と占われる側を決めたら、占われる側は占いたいことを頭で思い浮かべます。

占う側は、周りを見渡して気になるものについて、思いついたことをとにかく喋る、それだけ。

IMG_4888

そんなことで占っていることになる?と思いそうですが、

実際に「あぁ!」とピンとくる言葉が相手から出てくることも多々あるそう。

 

自分にとって必要な情報は周りに溢れている。

ただ頭で考える迷いや不安、恐れがそれを見えなくさせているだけ。

直感を鍛えれば自分で自分を占うことができるようになります。

 

休憩をはさんだ座学の時間の後は、三つめのワーク「二者択一ワーク」です。

決断の大小はありますが、日常生活で「どっちがいいだろう?」と迷うことは多々ありますよね。

その時は体に聞いてみよう!というこのワーク。

二つの解答がある問いを用意し、部屋の場所を移動しながら

それぞれの決断をした後の体感覚を味わいます。

IMG_4885

一方は「白くてふわふわしてる」「足元がじわじわあったかくなる」「エネルギーが流れていく感じ」。

一方は「泥のようなイメージ」だったり「冷たい感じ」…。

自分が頭で思っていた結果と、逆のことが起きてびっくりした!という方もいました。

 

そしてこの日最後のワークは「体とこころの繋がりってほんとにすごい!」を

参加者全員が目の当たりにしたであろう出来事が!

1人に椅子に座ってもらい、横から2人嫌いなものや「気が重いなぁ」と思うことを考えながら

椅子を持ち上げてもらいます。

12279134_578941835593502_8901517918115416989_n うーん、持ちあがらない…。

では今度は大好きなこと、「楽しい!」とワクワクすることを考えながら持ち上げてみると…

11223742_578941912260161_2678356403471233854_n  なんとこんなに!!!持ち上げられる方も、めっちゃびっくりしてます。

好きなことを考えたり、ワクワクしている心の状態でいれば、

がんばらなくても存分に力が発揮されちゃうんですね!

 

最後は質問の時間と、感想の共有でイベントは終了しました。

 

決断に迷ったとき、頭で考えるのではなく「自分の体にきく」ことを続けることで、

直感はどんどん研ぎ澄まされていくそう。

答えはいつも自分が持っていて、

周りは常にそのヒントとなるメッセージを投げかけてくれているのです。

 

今回も一人ではなく関わり合うワークが多く、まさにそんなことを実感できる場でした。

参加者全員で一つの輪を作っているようなあたたかい時間を作ってくださった皆さま、

北海道からお越しいただいた珠さま、ありがとうございました!

 

 

*最新のイベント情報はこちら*

共有するTweet about this on TwitterShare on Facebook20Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です