クリーン・ランゲージ春の陣!を終えて。

こんにちは、桝田です。

 

4/2〜4に、松田依子さんをお招きしての

クリーン・ランゲージ春の陣!を終えました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

(終えてすぐご報告したい!と記事を書いたはいいものの、

アップする前に息子ともども体調を崩すという・・・)

 

 

 

クリーン・ランゲージは、話を聴く側が目の前にいる相手の鏡となって、

話す相手が相手自身の内的世界を体験することをたすける技法。

 

団長的クリーン・ランゲージの理解 に、わかりやすい図解があります。

 

 

さてこのクリーン・ランゲージ、

「やりたいことはなにもない」私の、ど真ん中でした。

 

 

講座では、クリーンな問いを用いて、

参加者が自分自身の内的世界を体験する、ということを

たっぷりやっていくのですが・・・

 

3日間をとおしての私の内的世界はこんな感じ。

 

最高の状態で学ぶという時、それはなんのようでしょう?

という「クリーンな問い」から。

最高の状態で学ぶ

 

依子さんやみなさんから、水が注がれて、私の中に溜まっていく。

これまでにも結構もうたくさん溜まっていて、ちゃぷちゃぷしている。

 

 

本当は流していきたいとも知っているんだけど、

足元に、固めの水門があるのです・・・。

 

 

大きく開け放してしまい、流した先で水害を起こしたくない。

コンクリートの上にただ流れていくのも悲しい。

 

 

この水は、これまで私にたくさんの人が見せてくれた、教えてくれた、

生きていく希望や勇気、それに自らアクセスするための叡智。

 

 

受けとる準備のある場所で、水が活かされ、

森林が、たんぼや畑が、草原が、

それぞれに豊かに実るために流したいのです。

(本当はコンクリートに下にも、

突き破ろうとする芽はあるのだろうとは思いつつ・・・)

 

 

なにがあれば水門を開けるサポートになるのか、

ということも、自分に、つまり私が私に問いかけていきます。

 

で、今後私に「起こるといいこと」は、こんな感じになりました。

私に起きるとよいこと

 

じょうろで水やり。その植物に必要な時、必要なだけ。

自然にあるものを自ら栄養にできるだけ育ったら、自然の場所へ。

そして次の鉢にまた、じょうろで水やり・・・。

 

ああ、うん。

それなら水門をあけて、じょうろから水を流していけそうな気がする。

 

ワークをご一緒した方から、桝田さんのブログを読んで参加を決めました、

もう水門から水は流れてるのかも・・・と嬉しい言葉もいただきました。

 

 

自分の内的世界を、自分でありありと体験し、認識することができたら、

人は自分で進んでいく力を持っている、と私は思っています。

 

 

クリーン・ランゲージは、

へんてこ書房が育みたいと思っている世界、社会、空間・・・

人がもともと持っている「創造力」と「良心」とを、

安心して発揮することに直接つながる、

とっても可能性を感じる技法だなと感じていますよ。

 

 

今後もまた依子さんをお招きして

しっかり学ぶ機会をつくりたいですし、

へんてこ書房でも、クリーンな問いを用いて

その平和で創造的な空気感を体験する会なども開いていきますね。

 

 

自分の種や苗、木や花や実を豊かに育てていきたい、

真実の自分を、現実にしっかり生きていきたい、という方々に。

この水をお届けしながら、

私自身も私の木を豊かに育てていきたいと思っています。

 

 

 

へんてこ書房の情報を受け取りたい方は、このHPかもしくは

へんてこ書房Facebookページをご確認ください。

いいね!を押していただくと、最新情報のおしらせが届きます。

======

facebook個人ページ
https://www.facebook.com/ayakomasuda0321

フォローはご自由にどうぞ。

======

直近のイベント・講座はこちら。

お申し込みは下記リンクよりお願いします。

◆4月21日(木)10:00~12:00

けだモンcafe~服についた毛玉でモンスターを作ろう~

共有するTweet about this on TwitterShare on Facebook44Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です