たまほ週間イベントレポート

珠帆美汐さんをお招きしての4日間が終了しました。

 

結論。

魔女だ、、、、!!!

たまほみしおは、美しく可憐な魔女だ!!!

 

 

1日目、個人セッションをわたし自身も受けた。

変容期だとか変容したいとか言ってる割に、

わたし自身が変容を怖がり拒んでいることがあっさりと明るみに出てきちゃった。

そして、その奥には周りの人に元気で笑ってて欲しいっていうすごく大事な願いがあることも。

深いところが癒されて、すごく元気になった。分かりやすく、頭痛がなくなった。

 

 

ファシリテーター養成講座は、ファシリテーターとしての在り方をぐんぐん深める濃密な2日間。

理論とともに、ミラーリングとかテクニックやられてるって気づいたら腹立つ!

じゃあどうすればいいかって、エネルギーを聴くのだ!これは理屈じゃない!

とにかく実践、実験、検証。こちら、11月に続く!

 

 

狂乱カラオケは、まぁ〜狂乱!

「うらみます」でたまさまの愛深き恨みのエネルギーでみんな身動きがとれなくなるかと思えば、

的場 聡子の「ラムのラブソング」のキュートな狂気で呪詛祓いされる!

、、、いやもう意味わかんないですね。とりあえず、私たちはもう元のカラオケには戻れない。

 

 

わたしには、どの場でもたまさまが亜空間を作り出してるように見えた。

圧倒的な安心感の空間。

ここではなにを言っても安心。大丈夫。

いつもはやらないこと、やれないことをやってみてもいい。

夢の中で、夢だから好き放題しよー!って思うときみたいな。

亜空間を作り出す魔女。

こんな人いるんだなー!

 

それがただのやさしい安心な場って感じじゃないのがとても大好きなところ。

「全部を出しても大事」。恨みも愛ゆえ。悲しみを追い出さない。

全てを大事にするってことは、場の違和感に敏感であること。

耳触りの良いことを言おうとしても意味がない、

真実を明かすことでこそ魂が震えあい、場の空気が確実に動く。

それをひたすら見せてくれる人。生身の魔女って感じ。

 

たまさまはどんな場でも、魂の声にじっと耳を傾けている。

 

次は11月!個人セッション、人間タロット、狂乱カラオケ、やるよー!!ぜひ!!

 

 

*次回のたまさまイベントスケジュール*

◆11月11日(金) 狂乱カラオケ

◆11月12日〜13日 スピリチュアルファシリテーター養成講座(モジュール2)

◆11月14日(月) 人間タロットコンステレーション

◆日時未定:個人セッション

 

 

共有するTweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です