自分の時間と、こどもといる時間。「どちらが大事なの?」では、なくて・・・

こんにちは、桝田です。

 

9月後半、諸事情から私一人で東京に10泊11日、出かけていました。

娘、息子と離れて。

 

夜行バスで戻り、いない間こども達をお願いしていた義実家に帰ると、

朝食を食べながらおかえり~、と言う娘。

夫の横でまだ寝ていて、起きて私の顔を見てどうしていいのか、と

戸惑う様子の息子。

 

その後、家に戻ってきて翌日。

 

「かーちゃん大好き。

10日もいないの寂しかったよう」

安心したのか、抱っこしてー、と膝にのりながら、娘。

 

朝方、寝ぼけ眼で私の姿を確認すると、

一生懸命近くにはってきて安心したようにまた眠る、息子。

 

こども達が大切で、愛おしい。

自分が素晴らしい、大切だと思うものに情熱を注ぎたい。

 

どちらが大事?

ではなくて、どちらも心から大事、というのがまぎれもなく私にある気持ち。

そしてどちらも、 私にとっては密接につながっていること・・・。

 

「こども達は親の言うことではなくて、

親のやることをするようになるのよ。

 

もし親が自分自身を愛するための時間を大切にしないならば、

こどもは自分を愛することについて、同じように学ぶでしょう」

 

東京に行った理由のひとつ、身体に溜まった感情を解放するワークショップ

感情について教えてくれるマーニーの言葉を聞いた時、涙が止まりませんでした。

 

何をしてもしなくても。

どちらかのためにどちらかはないことにしよう、と

もし私が感じながら行動するならば、娘や息子が私から学ぶのは

「どちらかしか選ぶことはできない」

ということなのです。

 

そして私や環境から何を学ぶかも、彼らが決めてきたこと、でもある・・・

 

こども達に私ができることは、私にある気持ちを伝え続けること。

「あなた達が大切で、愛おしい。

仕事をすることができて嬉しい。

一緒にいてくれて、帰りを待っていてくれて、ありがとう」と。

 

あなたが何を感じていてもいい、

あなたの感じていることを私も大切に思っている、と耳を傾けること。

 

自分の大切なものをすべて、大切にする勇気を私が奮うこと。

 

それ以上をどう受けとめるかは、娘と息子が

世界(母である私を含めた、自分の外側)をどのように感じとるか、なのだと思います。

そして彼ら自身の感じる力と、感じたことから学ぶ力が、

それがどんなものであれ彼らをもっとも助ける力である、と信頼したい。

 

でも本当に、できることはそれだけだなぁ、

私にできるそれをしっかりやりたいなぁ、という気持ちでいます。


へんてこ書房の情報を受け取りたい方は、このHPかもしくは

へんてこ書房Facebookページをご確認ください。

いいね!を押していただくと、最新情報のおしらせが届きます。

 

【最新のイベント情報】*詳細は各ページのリンクからご確認ください。

■10/15(土)  「小さき声のカノン」上映会@川西

■10/15(土)  招待制イベント:いのちを言祝ぐ会~福島の地酒との出会いを言祝ぐ

■10月22日~23日(土日) 秋の大収金祭!~夏の大魔法陣~

■11月5日(土) グループコンサル 対話の庭

■11月10日(木) 母と子のための星の哲学〜愛しすぎるあなたへ

■11月10日(木) グループコンサル 変態が地球を救う〜覚醒への扉〜

■11月11日(金) 狂乱カラオケ

■11月14日(月) 人間タロットコンステレーション

■11月26日(土) スローフラメンコ(予定)

■12月2日(金) 自分を愛し、魂の喜びから人生を創る~太陽と月の星のまなびば

■12月3日(土) 母親という役割を離れた「私」~火星木星の星のまなびば

■12月4日(日) 12のエネルギーの違いに出会う、星のまなびば

■12月5日(月) 自分とこどもの個性を知る、星のまなびば

◆へんてこ書房をより楽しめるようになる、
へんてこ書房メンバーシップ制度 へんてこ海賊団。

団員、随時受付中!

facebook個人ページ
フォロー、ご自由にどうぞ。

◆個人website:ねがい事務所
こちらでも書いてます。

共有するTweet about this on TwitterShare on Facebook16Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です