自分を大切にするとは《自分の小さな望みを叶え続けてあげること》

ここ2年ほど。
自分がなんでこんなに生きづらさを感じるのかを知りたくて、
学びを繰り返してきた。

%e3%82%8a%e3%81%aa

自分を大切にすること。
自分を愛すること。

 

どうやらそれをやると途端にうまくいくらしい。
だけど自分を愛するって、大切にするって、
どうやるのかがずっとわからなかった。

 

いろんな人の発信を読んでみては、
自分を大事にするんだー!!
って自分の主張を押し通そうとしてみたり、
合わないからって切り離してみたりを繰り返してきた。

 

でもそういう手段はことごとく、わたしを寂しくさせた。

 

主張を押し通そうとすると、硬くなる。
その主張が通ったとしても、自分の胸は冷たいまんま。
切り離してみた時は、自分からそうしてるにもかかわらず
「やっぱり私はみんなの中に入れないんだ」
「わかってもらえないんだ」
「わたしは受け入れられないんだ」っていう思いが強くなる。

 

主張するにせよ、切り離すにせよ、
「どうせわたしはわかってもらえない」
を繰り返し感じる結果を生み出してきた。

 

「どうせわたしをわかってくれないんだ」の裏には、
「なんでわかってくれないの」っていう悲しい気持ちがあった。
大切にされなかったわたしが、
わたしに対して届けていた声なんだと今はわかる。

 

じゃあ、わたしを大切にするってどうやるの?

 

今わたしが掴んでいるひとつのコツは、
「自分の望みを叶えてあげる」ということ。
ものすごい小さいことからがいい。
海外旅行行きたいとかもいいと思うけど、
確実なブレークスルーには小さなことの積み重ねのほうが有効だという認識。
海外旅行や高価なセミナーなんかの大きなアクションは、
その瞬間の「やったった感」はでかい。
もちろん、それが大きな学びや突破口になることもある。
だけど動機が「◯◯をやれるわたしだからすごい」ってなる感じなら、
立ち止まったほうがいい。
そのやったった感を噛みしめるために何度も何度も
しかも前のアクションを上回るアクションを起こさなきゃ満足できなくなる中毒性あり。

 

日常っていうのはもっと小さいことでできている。
私たちの細胞も小さいつぶつぶでできているみたいに。
大きい粒は、小さいつぶつぶの代わりにはならない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

何かをする、しないはどうでもいい。
むしろ、何かをしてるから自分はこれでいい、大丈夫、
と思っている時こそ立ち止まったほうがいい。
行動に価値を与えるんじゃなくて、存在に価値を認めない限り、
喉がカラカラのまま永遠に走り続ける感じになる。

 

何かをしていてもしていなくても、できてもできなくても。
わたしはわたしであっていい。
何もしないそのままのわたしを愛せた時初めて、
誰かと一緒にやることが可能だし、
何かをやるということに自分として取り組めるのだという実感。
もう少し、きゅうけいしまーす!

 

 

======

団長Facebook

https://www.facebook.com/rina.hirata.777

フォローはご自由に!

友達申請下さる方はメッセージと共にお願いします。

誰かわからない人からの申請は怪しがって削除することがあります。

======

 

【最新のイベント情報】*詳細は各ページのリンクからご確認ください。

■11月26日(土) 【残席わずか】
《からだで表現企画第2弾》フラメンコ美人コーチング 飯塚真紀さん

■12月2日(金) 自分を愛し、魂の喜びから人生を創る~太陽と月の星のまなびば 中西れいこさん

■12月3日(土) 母親という役割を離れた「私」~火星木星の星のまなびば 中西れいこさん

■12月4日(日) 【蠍座・魚座満席★獅子座さんぜひ!】12のエネルギーの違いに出会う、星のまなびば 中西れいこさん

■12月5日(月) 自分とこどもの個性を知る、星のまなびば 中西れいこさん

共有するTweet about this on TwitterShare on Facebook78Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です